【三日坊主必見】「自分法則」を見つければ物事を続けられるようになる

物事の考え方

何か物事に挑戦しようと思っても、なかなか行動に移すことは難しいですよね。時間があればTwitter,インスタ,ニュースサイトなどの暇つぶしツールで遊んでいる方が何かに挑戦するよりよっぽど楽です。そして、いざ物事を始めてもすぐに辞めてしまうことが多いでしょう。実際、ブログに関しても、1年で9割の人が辞めていくそうです….(DTM(音楽制作)はもっと過酷かな…)



僕はブログを開設して2ヶ月ほど(活動期間は1ヶ月半)で25記事ほど投稿していますが、恐らく1年経っても辞めないでしょう。


割と自信を持ってこう言えるのには、離脱率、挫折率が高いDTM(音楽制作)を1年以上続けられているというのもありますが、他にも理由があります。今回はそれについてお話ししていきたいと思います。



気持ちだけでは不十分

僕がこのブログ記事を書くのに当たって、Googleで事前に”物事 続かない”、”物事 続けるコツ”みたいなキーワードで検索をかけて色々見てきました。


そこで気になった点が一つあります。多くの記事ではまず「物事が続かない理由」を述べ、次に「物事を続けるコツ」が書いてありました。しかし、肝心の「物事を続けるには?」のところで

毎日数分でもいいからやろう!それを続けて習慣化しよう!

すぐに成果が出ることを期待してはいけない!

みたいなことばかり書かれているのですが、正直こういうのって…..

いや、それが出来ないんですけど….

っていう感じのばかりじゃないですか?? 特に上の「習慣化しよう!」なんて、「物事を続けるにはどうしたら良いか」を知りたいのに、それに対して「続けよう!」と言ってるようなものです。


その他も少し考えれば分かるようなことばかりで正直ほとんど発見はありませんでした。


よって、今回はこの「続ける」事を気持ちの面だけでなく、別の視点で捉えてみましょう。


その前に、僕が思う、物事が続かないたった一つの理由を述べたいと思います。



それは、未来が見えないから


これに尽きると思います。毎日続けてもなかなか成果が現れない為、未来が不透明になってしまうのです。よって、

このまま続けてもどうせ意味ない気がするし、今まで続けてきたけど全然進歩してないから飽きた!やーめよ

みたいなことが起こってしまうのです。


このように未来が不透明であることによって継続することが難しくなっているのです。


よって、逆に言えば、未来がある程度予測できれば物事を続けられる事ができる可能性が増えるという事になります。


今回は、この事に視点を当てて、物事を続ける為の具体的な考え方を紹介したいと思います。

物事を続ける為の具体的な考え方



滴定曲線理論

”理論”は勝手に僕がつけました笑 ”理論”ってつけるとなんかたいそうな事に思えますね笑


滴定は、高校化学でやる内容です。滴定曲線には色々な種類がありますが、今回使用するのは下のような基本的な曲線です。

(わざわざMacのkeynoteで作りました。ブログを始めると色々著作権とか気になってしまいます…苦笑)


例えば、ビーカーの中にある量のCH3COOH(酸)が入っていて、そのビーカーにNaOH(塩基)を入れていった時の曲線です。重要なのは、NaOHを入れてもpHは初めのうちはほとんど変化がなく、あるところまで行って急に上がるという事です


これを物事の継続という観点から捉えると、軸は次のように変わると思います。

横軸が時間、縦軸が実力、成果となります。よってこの曲線は、物事を始めるとき、初めは成果が出ないが、継続していくとある点で急に成果が出るようになるという事を示しています。


具体例で見てみましょう。例えばブログです。ドメインパワーが小さいブログ開設初期はその記事のクオリティに関わらずなかなかPVが伸びませんが、ある程度時間が経つと検索上位に表示されたり、成果が出てきます。その成果が出るのに個人差は勿論ありますが、僕が調べた感じだと大体半年前後です。勿論、記事のクオリティが一定以上あり、需要があるというのが前提条件ですが….


これは何もブログだけでなく、色々な場面に使えます。例えば、好きだったマイナーなバンドが急に知名度が上がっていったり、Youtuberの登録者数が急に伸びたり、受験勉強で初めはなかなか成果が出なかったが毎日猛烈に勉強してたらある時模試の偏差値が10上がったり、等は滴定曲線的な歩みを進めていると考えられます。


よって、「成果が出ないからやめる!」といつも挫折している人は、この滴定曲線の事を頭に入れておくだけで、物事の見方がだいぶ変わってくると思います。

”比”を見つける

これは、僕が発見した訳ではなく、「話を聞かない男、地図が読めない女」で有名な”アランピーズ、バーバラピーズ”の「ブレインプログラミング」といういかにも怪しそうな (笑)本で書かれていた事です。僕はこれを大学の図書館で読んで具体的な内容は思い出せませんが、筆者がセールスマンをしていた時に見つけた法則だそうです。例えば、セールスで10人超えをかけたら5人が反応を示してくれ、そのうち1人が契約をしてくれるという10:5:1の法則。



この”比”の法則は場面場面によって値が変わっていきますが、一度見つけたらその法則に従うだけです。つまり、10:5:1の法則を見つけたら、あとはその”10人の中の1人”と契約を結ぶためにひたすら電話をかけ続けます。筆者はこの法則で史上最年少でオーストラリアトップのセールスマンに登り詰めました(本が手元にないため多少情報に誤りがあるかもしれませんが、ご了承ください)


「そんな単純な法則で!?」と思うかもしれませんが、こういった単純な法則を胸に、不透明な未来に少し光を当てて行動するのと、闇雲に行動するのではどちらが良いかは明確です。


是非、自分なりの”比”を見つけましょう!そうすれば、物事の成果が数値となって現れ、今までよりもずっと継続的に行動することが出来るようになると思いますよ!

他にも自分法則を見つけてみよう!

今回お話した2つの具体的な考え方以外にも、是非、自分で法則を作ってみましょう!そうすれば、本来苦痛であるはずの継続が楽しいものとなり、成果を出すことが出来るようになってくると思います。


「取り敢えず続けよう!」、「すぐに成果を期待するな!」などのざっくりしすぎた論ではなかなか続けていくことは難しいです。そこで、もっと具体的な法則を自分で作れば、自分が今どの地点にいるのかが分かりやすくなり、それが物事を続ける事に繋がっていきます。

最後に〜今日のおすすめ曲〜

この記事から勝手に僕が作ったコーナーです笑 僕は普段大学で情報数理を学んでいる傍、音楽を作っています。そんな僕が、邦楽洋楽有名無名関係なく様々なアーティストの曲を紹介していこうと思いました。これをきっかけに新しい音楽ジャンルやアーティストに興味を持ってくれたら嬉しいです^^


今日の曲は、Miles Away & Exede の Clearです。是非聴いてみてください 🙂

Miles Away & Exede – Clear (Lyrics)

コメント

タイトルとURLをコピーしました