東南アジア

カオサンロードに着いた。拍子抜けした。【東南アジア一人旅 タイ編】

前回: バックパッカー、足を使わずに公共交通機関を利用する

2日目 カオサンロード

カオサンロードに着いた。拍子抜けした。

ここが本当にバックパッカーの聖地...なのか? ホテルの部屋に馬鹿でかいキャリーバッグ置いてそうな人ばかりじゃないか! もっと一人旅の人がたくさんいると思っていたのだが、全くそんなことはなかった。それまで同様、ほとんどがグループであった。しかもみんなかなり陽気そうである。呑気に足のマッサージなんてしてもらっている。

足のマッサージなんて言語道断。地図を片手に、足が破壊されるまで、いや、破壊されても歩き続けていく...それが理想のバックパッカー像であったため、足のマッサージなんて絶対に受けてたまるかと思った。

少し残念な気持ちになりながらも昼飯をどこで食べようか探し始めた。だが、どこも入りづらい。店の前方(道路側)に欧米人の壁ができていた。店の奥の方をのぞいてみると割とせきが空いているにも関わらず、手前はほぼ埋まっている。そんな店が少なくなかった。日本人なら多分奥から詰めるんだろうが...

どこの店も欧米人グループばかりで非常に入りにくかったが、30分ほど通りを往復した後、意を決してあるお店に入った。もうその頃には13:00をとっくにまわっていて人が少なくなり始めた頃だった。

そこの店の、外見は女性、中身の性別は不明な店員さんが案内してくれた奥の方の席に腰掛けた。これが最初にまともなタイ料理を食べる機会であった。メニューを見て料理をふたつ選んだ。一つでは正直足りなそうであった。

頼んだ料理はパッタイとTom Yum with shrimpという料理で、まずパッタイを食べた。
うん、美味しい(僕は本当にブロガーとしてやっていけるのだろうか...)。店内にエアコンがなかったため、日本で買った扇子で扇ぎながら食べていた。

日本人家族との会話

パッタイを食べ終わる頃にある家族が店内に入ってきた。ああ、間違いない。日本人だ。

カオサンロードは比率で言うと日本人より圧倒的に韓国人の方が多い印象を受けたのだが、同じ民族ということで日本人を見極めるのは非常に簡単である。

その家族は僕の隣の席に座った。僕が扇子をパタパタさせてテーブルに置くと、話しかけた。もちろん向こうが僕に。

その家族と様々な事を話した。今までどこにいたか、これからどこにいくか、お互い今何をしているか...今となってはうろ覚えの部分もあるが、おそらく20分ほど話していたと思う。僕がこれからラオス、ベトナム、マレーシアに行くことを伝えると、マレーシアに行くことを羨ましがっていた。この後もそうだったのだが、僕がマレーシアに行くと言うと羨ましがる人が結構いた。やっぱり一番近代化しているイメージがあるからなのかな...

会話を終えると、僕は店を出てその家族と別れた。その会話がタイに来て初めてのまともな会話だったため、かなり心の支えになった。

料理のお話

ただ、一つだけ特筆すべきことがある。その家族と会話しながらTom Yum with shrimpを食べていたのだが、正直言ってこれがまあ不味かった(パッタイは美味しかった)。

Tom Yum with shrimpという料理自体が不味いのか、それともこの店のTom Yum with shrimpが不味いのかは分からなかったが、このときもう"Tom Yum"が付く食べ物は食べまいと誓った。

どんな味かと言うと、小学生の頃の学期末の教室の大掃除を想像すると分かりやすいかもしれない。みんなで(正確にはほうきを獲得できなかった負け組)雑巾を濡らし、教室を駆け回り床を拭いていく。教室の後ろの方に水が入ったバケツが置いてあって、みんなひと段落するとそのバケツの中に雑巾を突っ込んで汚れを落とし、雑巾を絞り、再度教室を駆け巡る...

きっとこのTom Yum with shrimpの具は、そんな教室の汚れを集めたバケツの中にエビや野菜を突っ込んだ後、スープの中に入れたに違いない。スープはスープでその汚れを吸収したような味だった。

「東南アジアの食べ物は美味しい!!」という話を聞いていたから驚いた。勿論、たまたま運が悪かっただけなのだが...

店の人が愛想よくしてくれたばかりに、かなり申し訳ない気持ちになりながらも、1/3食べるのが限界で残りは店員さんに謝って残した。

会計を済ませ、店を出たのち、ホステルへ向かった。その後どこに行くかは全く決めていなかった。

次回: カオサンからワットポー、ワットアルンへ【東南アジア一人旅 タイ編】

  • この記事を書いた人
おととらべる

おととらべる

現役理系大学生。 Programming : Java, Python 音楽活動名義はRoot Introvertです。 音楽制作でのリリース、プロモーション ByeByeCopyright -> Root Introvert - Between Our Hearts (2019年3月) AirwaveDubstepTV -> SHADOWKEY - Kiss Me(feat. Jellow) (Root Introvert Remix) (2019年10月) NoCopyrightNation(NCN) -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(2020年2月) 7even EDM -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(Promotion) (2020年3月、4月) InspiredByInspired -> Root Introvert - You (2020年2月) AshesToFlame Records -> Root Introvert & Isura - Reminiscent (2020年4月) 一人旅 : タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア

-東南アジア
-, , , ,

© 2020 おととらべる Powered by AFFINGER5