自作曲がレーベルでプロモーションされるまで日記

【DTM】作曲初心者がDTM歴1年未満でレーベルから自作曲がプロモーションされるまで 4. プロモーション

小さな一歩

前回ではお話しませんでしたが、実はRemixの方ではなく、自作曲について一つ進捗がありました。


自作曲は基本的にはメールLabelRader という所で送っていました。


LabelRadarの方は、まずはじめに作った曲の一番聴かせたいところを20秒選択し、それをレーベルに送ります。


レーベルがそれを聴き、魅力を感じなかったら却下、魅力を感じたら曲をフルで聴き、採用するか否かを決めます。

いわば2回試験があるような感じです。


僕はそれまでいつも一次試験で不合格になっていました。
どんなに小さいレーベルを選んでもそれは同様でした。


しかし、1月に入って、一つのメッセージが届きました。


一次試験を突破して、曲をフルに聴いてもらえることになったのです。


音楽制作を始めて8,9ヶ月目の事でした。


ぶっちゃけ言うと、このレーベルを選んだ基準は、「Youtubeチャンネル登録者数の少なくてかつ自分の曲でも行けそうなところ」でした。
とにかく1回曲を出すことが重要だと考えていました。その際レーベルの小ささは些細なことです。

そんな訳でその後、フルで聴いてもらった所、残念ながら出してもらえる事には至りませんでしたが、自分の実力が一歩進んだことに感動しました。


それも相まってか、僕は再び音楽制作に没頭し始めました。


Remixを一旦離れる

結局僕の曲は殆ど誰にも聴かれることはありませんでしたが、それでも少しずつ結果がついてくるのが楽しかったのです。


それで僕はRemixを3つ制作しました。


結果はこちらです。


903人中298位

373人中18位!

514人中410位(ゴミかな?)



Remixが上手くいったものもあれば、そうは行かなかったものもあり、順位の上下はあるものの、少しずつコツを掴んできたようには感じています。


この段階で2019年2月...音楽制作開始からもうすぐで一年が経とうとしていました。


Remixを続けていくのも良いのですが、なかなか自分のタイプなボーカルが無かったため、一旦Remixから離れ、再び自作曲の制作に取り掛かりました。


自作曲の苦労

僕は歌が歌えません。人生でカラオケは2回しか行ったことがありません。
僕は人前で歌を歌うのが自分の醜態を自ら晒しに行く心地がして大嫌いなのです。


というわけで、まず僕がするべきことはボーカル探しでした。


しかし、探しても探しても使えそうなボーカルがない。


Spliceで探してちょっと良いな~って思ったものがあっても、FL Studioに貼り付けた途端に「なんか違う」現象が頻発してなかなか思うように事は進みませんでした。


ボーカルを探すのだけで2月が終わろうとしていました。
言葉で書くのは簡単ですが、誇張ではなく、1ヶ月間弱ずっとボーカルを探していました。


本当に無駄な労力です。

作曲初心者がDTM歴1年未満でレーベルから自作曲を出す

しかし、ある時、それまでの苦労が嘘だったかのように事が進み始めました。


ある日...その日は恐ろしく作業効率が良く、朝から作業を始めて、日付が変わろうとする頃にはついに曲が出来上がっていました。


自作曲を1日で完成させたのはその時が初めてでした。


ボーカルを朝みつけ、これがなかなか良く、気づいたらずっと椅子に座って作業していました。
その日は生命維持活動以外は一度も椅子を離れた記憶がありません。


その曲は、これまで作ってきた曲で一番良かったものでした。


僕はこのはじめの一年で20曲程度しか作っていません。


圧倒的量不足でしたが、この時は自分を信じて、再びLabelRadarを訪れました。
この時、僕は緊張していました。


今度こそは行けるかも、と思っていたからです。


慎重にレーベルを選び、そこに曲を提出しました。


2日後、LabelRadarを開きました。
早くも通知が来ていました。


Notification欄と、そしてMessage欄に1つ...


刹那に理解しました。これまでMessage欄に通知が来たことは一度も無かったのです。
涙が溢れてくる...なんて事はありませんでしたが、とにかく僕は驚き、嬉しく思いました。


Message欄にあったリンクに飛び、曲のmp3ファイルを添付したり名前を書いたりして、僕の曲がYoutubeにアップされるのを静かに待ちました。
やっと一つ結果が出たのだ、とホッと胸を撫でおろしました。


YouTubeへ

しかし、待てど暮らせど僕の曲はアップされませんでした。
1週間ほど経つと、僕は完全に諦めていました 。


多分もう自分の曲はアップされない、と。きっと気が変わってアップするのをやめたんだ、と...


ある日の朝、起きるといつものようにメールをチェックしました。
一通のメールが届いていました。



指数関数的な速さで目が覚めました。
すぐにYouTubeに飛び、動画を確認しました。


見たときには公開から3時間ほど経っていて、再生回数は300回。
たかが300、されど300。


僕は今までどんなに頑張っても自分の曲を100人の耳にすら届けることが出来ませんでした。


いや、驚くほど、あまりにも誰にも聴かれなかったため、自分が音楽をやっている意味が分からなくなりかけていました。


それがたとえ少しでも報われたのを実感し、1年間の緊張をほどこうと、僕はノートパソコンを閉じ、まだ朝にも関わらず、再び横になりました。


僕は1年間で作った自作曲は約20曲で、他の人よりもかなり少ないと思います。


(この動画がアップされたのは2019年3月17日。音楽を本気でやると決意してから1年が経とうとしていました)


次回(最終回) : 【後日談】「作曲初心者がDTM歴1年未満でレーベルから自作曲がプロモーションされるまで」のその後

  • この記事を書いた人
おととらべる

おととらべる

現役理系大学生。 Programming : Java, Python 音楽活動名義はRoot Introvertです。 音楽制作でのリリース、プロモーション ByeByeCopyright -> Root Introvert - Between Our Hearts (2019年3月) AirwaveDubstepTV -> SHADOWKEY - Kiss Me(feat. Jellow) (Root Introvert Remix) (2019年10月) NoCopyrightNation(NCN) -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(2020年2月) 7even EDM -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(Promotion) (2020年3月、4月) InspiredByInspired -> Root Introvert - You (2020年2月) AshesToFlame Records -> Root Introvert & Isura - Reminiscent (2020年4月) 一人旅 : タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア

-自作曲がレーベルでプロモーションされるまで日記
-, , ,

© 2020 おととらべる Powered by AFFINGER5