【お知らせ】DTM相談を受け付けます
詳細はこちら

【DTM講座】ミックスで音がこもる人の為の、単純すぎる解決策3選

音楽制作のヒント: ミキシング,マスタリング

ミックス時に音がこもってしまう問題は、DTMをやっている人ならほぼ確実に直面する厄介な問題です。


みなさんこんにちは、おととらべる(@soundraveller)(音楽活動名義 : Root Introvert)です!


僕もミックス時に音がこもってしまい、悩んでいる時期がありました。
そこで当然調べるわけですが、書いてあることは基本的に、


  • ローカットをする
  • リバーブをかけすぎるな
  • パンをしっかり振れ
  • 音量調整しっかり

という事です。
今回は以上の点を前提としつつ、


いや、それでも音のこもりが改善しないんだけど…


と感じている方に向けて、音のこもりの解決法を3つ説明したいと思います。


スポンサーリンク

エフェクトの掛ける順番を変える

ほとんどのDAWに当てはまると思いますが、各トラックに必ず以下のようなトラックインスペクタが存在します。



ここにEQやコンプレッサー、リバーブなどの様々なエフェクトを掛けていきます。


そこで、このエフェクトを掛ける順番ですが、みなさんはどのような順番で掛けていますか?


エフェクト掛ける順番とか関係あるん??


と思う方もいらっしゃると思いますが、基本的にエフェクトは上から順番に処理されていきます。


その為、例えばリバーブをかけてからEQを挿すのと、EQ処理してからリバーブを掛けるのとでは全く違う音になります。


そんなことも露知らず、僕はDTMを初めて初期の頃は以下のような順番でエフェクトを掛けていました。


上から、


  • EQでローカットなどの諸々の作業を行う
  • 訳も分からずコンプレッサーで適当に音をいじる
  • リバーブでいい感じにする


といった作業を行なっていました。少し時間が経つと、ディレイとリバーブはセンドトラックに送るようになりましたが、それでもあまり音のこもりは解消されませんでした。


このEQ->Compressor->Reverbという順番…普通に考えると最悪です。


例えば、EQでわざわざローを削ったり、不要な帯域を削ったりしても、コンプレッサーをかけることによってその効果が薄くなり(特にマルチバンド使うと)、さらにリバーブでその音を反響させっぱなしで放置するなど…むしろこれやるくらいならプラグインを一つも刺さない方がマシです。



というか、最終的にはプラグインを刺さないのが理想ではありますが…


かけるエフェクトの順番はよく考えましょう。


現在僕は以下の順番でエフェクトを掛けています(あくまで一例です。楽器によって異なります)。



Delay, Reverb

まず、最初に空間系エフェクトの処理を行います。


ぶっちゃけディレイとリバーブの順番はどっちでも好きな方で良いと思います。
くれぐれも、掛けすぎないように注意しましょう。


ディレイやリバーブをインサートしていると、もしかすると


うわー、こいつ空間系のやつインサートしてやんの。
センドアンドリターンにするんだよこういうのは


と思う方がいるかもしれません(いないかも知れません)。
確かに「空間系はセンドアンドリターンにするんだよ!」という主張はあらゆる場面で見られます。


しかし、盲目的になんでもかんでもセンドリターンにする理由はありません。
実際、僕がメインで作っているEDM系(EDMって言葉はEDMが浸透していない日本で使うとほぼ確実に誤解を招いてあんまり好きではないのですが…)のトラックメイカーは空間系をインサートするのが多数派だと思います。


インサートにする利点、センドリターンにする利点はそれぞれありますが、ミキシングで、意味も分からずに盲目的に作業することだけはお勧めしません。


Distortion, Compressor

DistortionはSaturationとも言いますが、いわゆる歪み系のエフェクトです。


ギターをやっている人ならほぼほぼ分かると思いますが、Distortionをかけることによって、簡単にいうと音がカッコよくなります。


Distortion vs. Overdrive vs. Fuzz | Guitar Pedals


低評価たくさんついていますが気にしなくて良いです。取りあえずディストーションとは何かがわかれば良いので笑


といっても、なんでもかんでも上のように過度に歪ませるのはおかしいですよね笑


そこで、目立たせたい場合以外では、ディストーションは軽くかける程度にしましょう。


ポイントとしては、「少しノイズが入ってるな〜」というくらいがちょうどいいと思います。



後はおなじみコンプレッサーです。コンプレッサーは単体でも結構難しいエフェクトですが、これに関しては、各パート(ratio, attack, releaseなど)の意味を理解し、どのくらい圧縮したらどんな音になるかというのを絶えず実験していくしかないです。


僕も今だにコンプレッサーの使い方で悩むときは多いです。


Neutron2, Low Cut

Neutron2は、AIを搭載した自動マスタリング機能が付いているプラグインです。


EQやコンプレッサーだけでなく、マルチバンドコンプレッサーやエキサイターなどのエフェクトも搭載している為、非常に使い方の幅が広いです。


僕はいつもNeutron2では、Compressor, EQ, Exciter, Transient Shaperを主に使っていますが、ここでは「EQを挿している」と考えていただければ幸いです。


Neutron2


これで、Compressor -> EQの順番で挿しているということが言えます。


Low Cutは文字通りローカットしてるだけです。わざわざ他のEQと分ける必要はありませんが…笑


Sidechain

ほぼ必須のエフェクトですね。おそらく、元々はKickの音とシンセやギターの音とかぶるのを防いで音圧アップの為に使われていたのでしょうが、最近は過度にサイドチェインを掛けてエモくする手法も流行っています。


少し古いですが、以下の曲の1:23から聴くと分かると思いますが、キックのタイミングで他の音が引っ込んでいます。
キックのタイミング以外でも音を引っ込めているところがあります。

The Chainsmokers – Don't Let Me Down (Illenium Remix)


Sidechainのプラグインはわざわざ買わなくても、ボリュームフェーダーでも正直十分表現できます。試しにキックのタイミングで音が引っ込むようにボリュームのオートメーションをかいてみると良いでしょう。


また、各DAWで、プラグインを買わなくてもサイドチェインができると思うので、調べてみると良いでしょう。


HP LP, Volume

これはオートメーションをかく為にインサートしたものです。
デフォルトの状態では何も音の変化はありません。


順番を変えるだけで、音は変わる

今まで何も考えずにただ適当にEQとかコンプを挿していた人は、これを機に、エフェクトをかける順番を考えてみましょう。


もちろん、正解はないので色々実験してみて、自分にあったエフェクトの順番を追求していきましょう。


KickやBassの音をテキトーに選ばない

シンセやギターの音は、前面に出やすく目立つ為、一生懸命音を探したり作ったりすると思います。


一方、キックやベースの音選びがおろそかになりがちです。
キックとベースだけでも、その曲のキャラクターが左右されます。


まず、作りたい音楽ジャンルをよく考えましょう。J-Pop(Rock)なのか、HipHopなのか、EDMなのか…etc.


また上にあげたジャンルの中にも様々なサブジャンルがあり、それに応じて音色もかなり変わってくるはずです。


まずは色々なジャンルの曲のキックとベースを注意して聴いてみましょう。


J-Pop, J-Rock

ヨルシカ – 雨とカプチーノ(Official Video)

HipHop

Tyga – Taste (Official Video) ft. Offset

Country

Kenny Chesney – Come Over (Official Music Video)

Metal

Slipknot – All Out Life [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

Mainstream Psytrance

Infected Mushroom – Kababies [Monstercat Release]

Future Bass – Electronic

Wild Cards – Falling Down (Lyrics / Lyric Video) ft. James Delaney





少し(いや、かなり)偏りがあるとは思いますが、各ジャンル毎でKickとBassだけでも音が全く違うことが分かるかと思います。


もちろん、同じジャンルでもKickとBassの音が全く異なるのもあります。



“KickとBass”と聞いて、低音ばかりに注目した人が中にはいるかもしれません。もちろん低音の出や音色も違うのですが、高音域も各ジャンル毎で全く異なります。


作りたいジャンルの曲をたくさん聴き、KickとBassの音をしっかりと選びましょう。
どのくらいベースが伸びるのか、どれくらいキックの高音域が強いのか…などなど、考えるべき要素は案外多くあります。

くれぐれも、「テキトーに音決めて後はEQとかコンプでどうにかすればいいや」というのは避けましょう。KickとBassの音が曲のアイデンティティーを決めるのだという意気込みで音を選んだり作ったりすると良いでしょう。


Mastering時にEQで中域を少し削る


「悪いミックスはマスタリングでは治らない」という言葉はよく聞きますが、だからと言って、ミックスで音圧以外の全てを完璧にしようとする必要はありません。
ミックスでどうしても解決できないときは、一度マスタリングに任せてみましょう。


音がこもる原因は基本的には中域にあるのですが、特に100〜300hzの部分を少しカットすると、音がクリアになることがあります。



上の画像の②に注目すると、少しカットしているのがわかるかと思います。カットしているのは、0.6dBです。


そんなんで変わるか!


変わります。試しに約0.3db刻みでいろんな帯域をブーストしたりカットしたりしてみましょう。
それらを様々なイヤホンやヘッドホンで聴いてみましょう。


慣れてくるとかなり違いがわかってくると思います。
もし、マスタリング段階のEQで2dBとか5dBとか動かさなければいけないのならば、それは恐らくミックスが悪いです。音量調節からやり直しましょう。


まとめ〜絶えず実験を行い、改善し続けること〜

最後はなんか出来の悪い精神論みたいな形になって申し訳ありませんが、結局はこれが全てです。


僕もミックスマスタリングの方法は何十回も変えて試行錯誤しています。
Webサイトなどを参考にしつつも、実験を繰り返していき、自分なりのミックス、マスタリングを見つけてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました