英語 オーディオブック(Audible) 英語

Audibleは英語の勉強におすすめ? デメリットも踏まえながら徹底解説【本紹介あり】

今回の記事ではAudibleが英語の、特にリスニング力の向上に役立つかを解説していきます。おすすめの勉強法と本(オーディオブック)も紹介しています^^

ビジネス、英会話、大学受験などなど、英語のリスニング力はますます重要になってきていますよね。例えば大学受験だったら入試改革でリスニングの比率を上げている大学や入試方式が増えてきたりしますし、英会話だったらそもそも聴き取れなければ何も始まりません。

しかし、これほど重要であるにも関わらず、リスニングはなかなか対策しづらいですよね。そこで、今回はAudibleを使ってリスニング力を向上させる方法を解説したいと思います。

まずはじめに〜Audibleとは?〜

Audibleは、Amazonにおけるオーディオブックのサービスになります。オーディオブックとはいわゆる「聴く本」のことですね。

Audibleの概要は以下の通りです。

Audibleの概要
  • 会社 : Amazon
  • 無料期間 : 30日間
  • 無料期間後 : 月額1500円+α
  • 洋書の作品数 : 51,000冊以上
  • 退会後も購入した作品は自分のもの



30日間の無料期間があるのが良いですね!無料期間後は月額1,500円+書籍代となっています。この書籍代に関しては毎月コインというものが1つ付与され、それで一冊無料でオーディオブックを購入できます。毎月2冊目以降は30%OFFの値段で購入することができますが、聴き放題ではないので注意してください。

Audible以外のサービスでは月額で聴き放題のものもありますが、それでもAudibleをおすすめする理由は他サービスと比べて圧倒的に洋書が充実しているからです。

Audibleは全作品数が40万冊、洋書は5万冊以上あります。Audibleの次に規模が大きいaudiobookですら、全作品数がAudbileの洋書の作品数の半分以下です。Audible強すぎ...

少し個人的な話になってしまいますが、僕は高校生の頃、英語のオーディオブックが欲しくて新宿や池袋のデカい書店に行って探していました。しかし、そこにあるのは安くても3,000円、多くが5,000円程度の値段で手が届きませんでした。Audibleは1500円で毎月1冊追加料金なしで楽しめるので普通に買うよりは断然安いです。


なぜAudibleは英語のリスニング力向上におすすめなのか

触れる英語の量が圧倒的

これは洋書でもそうなのですが、触れる英語の量が圧倒的です。

例えば、僕が実際に読んだ(聴いた)Factfulnessという本は353ページあります。だいたい1ページあたり350語書かれているため、全部読めば(聴けば)合計で約123,550語に触れたことになります。

しかも、このオーディオブックは全体で8時間でした。8時間で12万語に触れる機会はまずありません。

毎月1冊聴くとしたら、1年間で100万語、2冊なら200万語以上に触れることができます。難関私立文系の大学受験生であっても、1年間に100万語以上触れる人はほぼいません。せいぜい10〜50万語程度です。

毎日往復2時間かかる通勤通学中にオーディオブックを聴いていたら、4日ほどで1冊が聴き終わります。確実に英語力は上がります。

洋書が充実している

これが一番のポイントです。せっかくサービスに加入しても読みたい本がなかったり、充実度が低いと意味がありませんよね笑

Audibleに含まれている洋書数は5万冊以上で、他のサービスと比べても圧倒的です。

好きな作品で英語のリスニングを鍛えることが出来る機会はなかなかありません。

字幕がない

これはメリットでもあり、デメリットでもあります。デメリットは以下のようなものが考えられます。

字幕がないことのデメリット
  • 聞き取れなかった単語が調べられない
  • 意味が分からなければつまらない/ものにならない


聞き取れなかった単語が調べられないのはかなり致命的ですね。洋書に比べるとここは大きなデメリットになります。

また、日本語字幕がないと、言っている内容が理解できないときにつまらなく感じてしまい、最終的には読むのをやめたくなりますよね。この2つが大きなデメリットです。

一方、メリットもあります。

字幕がないことのメリット
  • 強制的に英語しかない環境に身を置ける
  • 集中力が付く


1つ目に関してですが、例えば英語でドラマや映画を見て勉強しようと思っても、結局内容先行でついつい字幕をつけてそっちに集中してしまいます。これでは学習効果が薄いです。

また、集中力がつくという点もバカにはできません。分からない文章をずっと読んでいたり聴いていたりすると眠くなりますよね。ただ、そんな環境に身を置いて理解しようと努力していると必ず英語に対する耐性が強くなり、集中力が途切れないようになってきます。

このように字幕がないことはメリットもデメリットもありますが、後ほどこのデメリットを踏まえた勉強法を紹介するのでご安心ください^^

再生速度をいじれる

Audibleでは0.5〜3.5倍速まで選択できます。正直3倍速以上は早すぎてあまり意味がありませんが、注意深く聴きたいところは0.5倍速、耳を鍛えたい場合は1.5倍速程度で聴くなど、用途に合わせて再生速度を選択することができます。

さて、いくつかメリットを挙げてみましたが、やはり最初の「触れる英語の量が圧倒的」というのが一番でしょう。それではここからAudibleを使ったおすすめのリスニング勉強法について述べたいと思います。


【初心者OK】Audibleでのおすすめ英語リスニング勉強法

先ほど字幕がないことのデメリットを2つお話しました。

字幕がないことのデメリット
  • 聞き取れなかった単語が調べられない
  • 意味が分からなければつまらない/ものにならない


これを解決して勉強する方法は以下の通りです。ただし、これはあくまで英語に自信がない人のためのものですので、英語力に応じて勉強法は若干変わってきます。

  • Audible、洋書(Kindleやペーパーバック)、日本語訳の3つを用意する
  • 日本語でキリの良いところまで読み(慣れないうちは1ページずつ)、次にAudibleを聴きながら洋書で同じ内容のところを読む
  • これを1冊終わるまで続ける
  • 3, 4冊目以降はオーディブルと洋書のみでも十分対応可能

Audible、洋書(Kindleやペーパーバック)、日本語訳の3つを用意する

まずは読む本を決めます(後でおすすめ本を紹介します)。決めた後は今述べた3つを用意します。

Audibleがメインの車輪で、洋書と日本語訳はそれぞれ補助輪の役割を果たします。

洋書を何冊か読んだことのある人なら日本語訳バージョンはいらないかもしれませんが、必要な場合はあまりマニアックな本を選ばないようにしましょう。翻訳されたのがない可能性があります。

日本語でキリの良いところまで読み(慣れないうちは1ページずつ)、次にAudibleを聴きながら洋書で同じ内容のところを読む

3つ用意したら、まず始めにやることは日本語訳を読むことです。これで内容を頭の中に入れることが出来るので、後で英語に切り替わってもストレスなく進むことができます。

日本語 -> 英語 -> 日本語 -> 英語...と繰り返していくことで、そのうち慣れてくるはずです。

ここで再び個人的な話になってしまいますが、僕が初めて洋書を読んだのは中3の時でした。別に英語の英才教育を受けていたわけではなかったのですが、英語は得意だったので書店に行きChatcher In The Ryeとその日本語訳の2冊を買い、家で読み始めました。

最初は全くわからず、初めの1ページに2時間くらいかけていました。分からない単語を一つずつ調べていくのを繰り返していました。

しかし、それでは効率が悪いということで、日本語を最初に読んで内容を把握した上で、英語の方を読む、という手法に落ち着きました。するとだいたい100ページくらいのところから読むスピードが上がり、最終的には2週間ほどで読破することができました。


洋書だけだと2週間です。読んでいた時間を全部足すと100時間は超えていたと思います。

しかし、Audibleを使うと、否が応でも一定速度で進んでいくため、1冊を読破するのにかかる時間を大幅に短縮することができます。

これを1冊終わるまで続ける

これを1冊終えるまで続けます。最初は辛いと思いますが、必ず慣れてくる瞬間がやってくるので辛抱しましょう。

3, 4冊目以降はオーディブルと洋書のみでも十分対応可能

これを2冊くらい続けますが、2冊読んだ時点で大体20万語に触れていることになります。期間は合計でも1ヶ月かからないと思います。

人によってはこの短期間でこれまでの人生で読んできた全英分量よりも多く英語に触れることになると思います。これでは嫌でも成長してしまいます。


早ければ3冊くらいから補助輪をはずし始めても問題ないと思います。少なくとも5〜10冊目に突入するくらいには、日本語訳の方はなくても6, 7割程度理解できると思います。そこまでくればあとは二次関数的に触れる英語の量が増え、リスニング力、リーディング力がついてきます。

最終形態では寝そべりながら聴いていても理解できるくらいになります笑

Audibleのおすすめ作品2選

さて、ここまででAudibleを使った勉強法について述べてきました。最後におすすめの作品を3冊紹介したいと思います。

ちなみにですが、上の勉強法を実施する場合、洋書と日本語版両方をKindleにするのはおすすめしません。単純に操作がだるいです。Kindle版は安いですが、洋書はKindle、日本語版は文庫本にしておくのが最適解です。

FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

「10の思い込みを乗り越え〜」のところは英語では"Ten Reasons We're Wrong About the World – and Why Things Are Better Than You Think"となっています。

この本では、最初の方に3択で答える13個の質問が出され、それに答えていく場面があります。3問ほど紹介するので皆さんも解いてみましょう。

1. 現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を終了するでしょうか?

  • A 20%
  • B 40%
  • C 60%

2. 世界で最も多くの人が住んでいるのはどこでしょう?

  • A 低所得国
  • B 中所得国
  • C 高所得国

3. 世界の平均寿命は現在およそ何歳でしょう?

  • A 50歳
  • B 60歳
  • C 70歳

正直この本の題名が分かっていても初見で全問正解できる人はほぼいないと思います。私たちは教育で途上国の貧しさや教育格差についてかなり教えられてきましたが、むしろその経験があると逆に間違えてしまいます。

私達の世界は思っているより良いかもしれませんし、悪いかもしれません。自分の中にある常識を見直す良いきっかけになるはずです。

Sapiens サピエンス全史

created by Rinker
¥1,500 (2020/11/26 02:34:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,090 (2020/11/26 04:51:53時点 Amazon調べ-詳細)


我々はホモ・サピエンスという分類に属します。しかし、昔々、私達以外にもネアンデルタール人やフローレンス人などの人種が存在し、生き残りを賭けた戦いを繰り広げていました。

そこでなぜホモサピエンスが生き残ったのでしょうか。本書ではその理由の一つとして認知革命を挙げています。

ホモ・サピエンス以外の人種はいわゆる哲学でいう「経験論」「経験主義」をもっと拗らせたような感じで、自分で実際に見たり聞いたりするものでしか思考を巡らせることが出来ず、知らないことや聞いたことのないものに関しては「自分の目で見ていない」となり、それ以上の思考を巡らせることができませんでした。

しかし、ホモ・サピエンスは認知革命により、自分が見聞きしていないことでも、他人から伝わってきたことに対して思考する力を手に入れることができました。これによって他の人種よりも格段にでかい組織を作り上げることに成功します。その結果、圧倒的戦闘力を持ってホモ・サピエンスは現代まで繁栄を続けていると言われています。

この他にも人類の転換点となる革命などについて詳しく述べられているので是非読んでみてください^^

まとめ : Audibleで英語のリスニングを上達させよう!

今回はAudibleの紹介とそれを使った英語のリスニング勉強法について述べました。しかし、この方法を実践するとリスニング力だけでなくリーディング力も自ずとついてくると思います。

是非試してみてください。


END

  • この記事を書いた人
おととらべる

おととらべる

現役理系大学生。 Programming : Java, Python 音楽活動名義はRoot Introvertです。 音楽制作でのリリース、プロモーション ByeByeCopyright -> Root Introvert - Between Our Hearts (2019年3月) AirwaveDubstepTV -> SHADOWKEY - Kiss Me(feat. Jellow) (Root Introvert Remix) (2019年10月) NoCopyrightNation(NCN) -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(2020年2月) 7even EDM -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(Promotion) (2020年3月、4月) InspiredByInspired -> Root Introvert - You (2020年2月) AshesToFlame Records -> Root Introvert & Isura - Reminiscent (2020年4月) 一人旅 : タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア

-英語, オーディオブック(Audible), 英語
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 おととらべる Powered by AFFINGER5