受験

受験勉強に疲れた時に読んでみてください^^【辛かったら休もう】

受験勉強疲れた、辛い、意味が見出せない...でもみんな「頑張れ!」とか「渇!」とか言ってきて最初はそれで頑張れたけど最近はあまりこういうのも心に響かない...

そんな方に向けて、現役の理系大学生がゆる〜く受験についてお話していきます。まとまりはあまりないかもしれませんが、気軽に読んでみてください^^

受験を例えると...

僕は高校3年の頃、受験は「いかに出された料理を上手く食べるか」みたいなものだと思っていました。

でも嫌いなものは嫌いだし、そもそも出された料理を上手く食べるなんて、そんなつまらないことに時間はかけたくないです。

僕は頭の回転がかなり遅い方です。ですが努力はして高校はそれなりの進学校に入れたので、大学受験の時は東京大学の理科一類を志望していました。

そして東大の受験スタイルは僕にとってかなり辛いものでした。

最も辛かったのは「情報処理量が多い」こと。東大は難関大の中でもかなり入試の時間制限が厳しい大学で、数学や理科はまず150分で解き切ることはできません。

僕は苦労しました。必死に東大のレシピに最適化できるよう、常にスピードを意識して問題を解いていました。

しかし、結果的に最後まで適応することはできませんでした。むしろ適応しようと頑張りすぎた結果空回りし続けました。

受験において、偏差値はある程度高ければ良いのでは?

おすすめの本紹介その一

ここで一つ本を紹介します。

created by Rinker
講談社
¥877 (2020/11/23 13:59:04時点 Amazon調べ-詳細)


いかにも胡散臭そうなタイトルですが、これを執筆したMalcom Gladwellはティッピングポイントやブリンクなどの有名な本を次々と出版しています(これらの作品を知らなかったら時間のある時に調べてみてください^^)

この「天才!」という本の中で頭の良さについての話がありました。

『1vs.100』は番組の冒頭で、アインシュタインのIQが150、ランガンのIQが195だと紹介した。つまりランガンのIQはアインシュタインのIQより30%高い。だからといって、ランガンがアインシュタインよりも30%利口だという意味ではない。それは馬鹿げている。私たちに言えるのは、物理学のような難しいことを考えるときには、ふたりとも明らかに十分頭がいいということだけだ。


本の中ではここから学歴の話に派生しました。日本の状況で例えると、GMARCHも旧帝大も同様に「優秀」であるということ。

確かに「優秀」という集合の中でもさらに序列をつけるとGMARCH < 旧帝大になるかもしれません。でも、僕たちはもっと大きな集合で見ることもできます。

ちなみに上で引用したクリスランガンは、IQ195という頭脳を持ちながらも、学問上何か成果をあげたわけでも、素晴らしい発明をしたわけでもありません。彼は100万人に1人の頭脳を持ちながら、世界に何の影響も与えていない(与えられなかった)のです。

ある一定以上の基準点を超えていれば、それ以外の別の要素に目を向けるべきです。偏差値の高さ以外にも見るべき指標はたくさんあるはずです。

入試問題の難易度は明らかに難しい

皆さんは今受験勉強で覚えている知識のどれくらいの部分が大学以降役に立つと思いますか。

僕は理系ですが、難関大入試の為に覚えたつまらない小手先のテクニックだったり、細かすぎる歴史の事項や物質量計算、複雑すぎる微積分などは大学に入ってから殆ど使っていません。結局使ったのは基礎的な事項で、それが大学数学の礎になっていただけでした。

僕は裏切られた気持ちになりました。少なくとも数学とかについては、受験で覚えた数多くの知識が大学でついに真価を発揮すると思っていたのに、「ざんね〜ん、これはただのパズルでした〜!笑笑」と笑われた感じでした。

もちろん、勉強する時に身に付けた物の考え方は役に立つかもしれませんが、少しオーバーワークな気もします。

受験生におすすめする、もう一冊のおすすめ本

ヘルマンヘッセ の「車輪の下(で)」は高校生の頃に読んで今でもたまに読みます。

光文社古典新訳文庫に書いてあるあらすじを載せてみます。

周囲の期待を一身に背負い猛勉強の末、神学校に合格したハンス。しかし厳しい学校生活に馴染めず、学業からも落ちこぼれ、故郷で機械工として新たな人生を始める...。地方出身の一人の優等生が、思春期の孤独と苦しみの果てに破滅へと至る姿を描いたヘッセの自伝的物語


受験勉強が苦しいならぜひ読んでみてください。

僕が内容を書こうと思ったのですがすごくよくまとまっているサイトがあったのでリンクを載せておきます。


Kindle Unlimitedの無料登録(30日間。30日以内に解約すれば料金発生なし)をすればスマホやKindle端末で無料で読めるので是非読んでみてください^^

created by Rinker
¥550 (2020/11/23 02:41:39時点 Amazon調べ-詳細)

受験が終わった後のこと

僕は受験から解放され、高校を卒業した後すぐに東京・御茶ノ水に足を運びました。

まずはお茶の水から歩いていける距離に秋葉原があるので、そこで念願のパソコンを購入しました。嬉しい^^

価格は確か20万弱。店舗にある中でスペックが高めのものを買いました。

購入したノートPCを抱え、御茶ノ水の楽器店でFL Studioというソフトを購入しました。FL Studioはプロも使用する音楽制作ソフトで、価格は確か2〜3万円ほど。

高校の頃は軽音楽部に入っていたのですが、自分のやりたい曲は殆どできずにいました。それがPC一つで自分の好き勝手できると思うとワクワクしました。

結果、上手く行かないことの方が断然多かったのですが、少しずつ前進しています。

上記の記事で作った音源


もちろんここで僕が言いたいのは「音楽を作ろう!」ではありません。今お話した音楽はあくまで一例で、小説でも、プログラミングでも、映像でもなんでも良いので、何か作ってみましょう!

今までの受験勉強では、あらかじめ用意されていたものをどう処理するかが求められていましたが、それは相手に合わせる必要があるのでかなり疲れますし、何よりつまらないです。

それよりかは、何かを作り上げようとする時に上手くいかずに悩んだり、不安になったりする方が幾分か健康的です。

受験が終わったら是非何か作るということに挑戦して見るのもいいかもしれませんね^^

  • この記事を書いた人
おととらべる

おととらべる

現役理系大学生。 Programming : Java, Python 音楽活動名義はRoot Introvertです。 音楽制作でのリリース、プロモーション ByeByeCopyright -> Root Introvert - Between Our Hearts (2019年3月) AirwaveDubstepTV -> SHADOWKEY - Kiss Me(feat. Jellow) (Root Introvert Remix) (2019年10月) NoCopyrightNation(NCN) -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(2020年2月) 7even EDM -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(Promotion) (2020年3月、4月) InspiredByInspired -> Root Introvert - You (2020年2月) AshesToFlame Records -> Root Introvert & Isura - Reminiscent (2020年4月) 一人旅 : タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア

-受験
-, , , , ,

© 2020 おととらべる Powered by AFFINGER5