音楽制作のヒント: ミキシング,マスタリング

【無料で読める】ミックス本のおすすめをSpotifyの公式プレイリストに採用された僕が紹介

偉そうなタイトルですみません( ;∀;)。

以下が採用されたSpotifyの公式プレイリストです。曲を出したところがバングラデシュのレーベルだったので地理的に近いNew Music Friday "India"に採用されたのだと思います。

 

さて、一応ここまでずっとYouTube動画などを見て勉強してきた僕ですが、今回は一冊だけおすすめ本を紹介します。

  • Webサイトとかを見てもミックスがうまくいかない
  • いつもなんとなくミックスしており、曲を作る度にミックスに苦労している

という方に最適だと思います。

ちなみに今回紹介する本は無料でも読めますので(詳細後述)、気軽に手に取れると思います^^

ミキシングをする時に手元に置いておきたいおすすめのDTM本1選

細かくミックスの練習ができるサイト・動画は少ない

まず現状ですが、細かいミックスの練習ができるサイト・動画はまだまだ少ないです。

  • ミキシングとはなんぞや?
  • ミキシングの大まかな流れ

といった一般的な話はかなり充実しているものの、具体的な話となるとまだまだ脆いのが現状です。

すると、どうしてもなんとなくのミックスをして上達スピードが遅くなってしまうだけでなく、ミックス以外の時間が削れてしまうことにつながります。

ミックスの軸が分からないと、しまいには曲の書き出しが

  • Final.wav
  • Final2.wav
  • Final_Result.wav
  • Final_Result2.wav
  • Final3.wav
  • Final_Final.wav

みたいになっていつまで経ってもミックス・マスタリングが終わらず無駄に時間と体力が奪われます。僕はこれで土日を潰したことがあります笑

もちろんこのような試行錯誤は非常に大事ですが、ミックスの軸が分からない状態で闇雲にやるのは辛く、効率が悪いです。

ミキシングをする時に手元に置いておきたいおすすめDTM本

それでは早速本の紹介をしていきます。

created by Rinker
¥1,980 (2020/09/22 12:23:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

単行本だとお金がかかりますが、Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読めます(Kindle端末がなくてもPC、スマホで読めます!)。無料体験期間は30日間ですが、最悪それまでに解約してしまえば完全無料で済みますし、おそらくこの本を読むのに30日もかかりません。1〜2日あれば十分です。

[Kindle Unlimited Begin]

 

それではこの本の利点と注意点を紹介していきます。

ポイント : 定量的にミックスの練習ができる

この本の一番の魅力は「定量的にミックスの練習ができる」ことです。これがミックスの上達速度を爆発的に上げます。

この本では主に

  • ボリュームフェーダー
  • EQ
  • コンプ

の3つを主な題材としてミックスの方法を解説しています。特にボリュームフェーダーのところが重要です。

定量的にミックス練習を行うとは

普段僕たちはミックスを感覚で行っています。

「大体こんな感じで大丈夫かな」

みたいな...ただし、この本においては

  • 最初にKickを〇〇db付近に合わせる
  • スネアはキックの〇〇%の音量で
  • バックギターはいついつに追加してスネアの〇〇%の音量で
  • リードギターはいついつに追加して〇〇の音量より少し大きいくらい
  • ベースのEQは〇〇Hz付近を〇〇dbだけブースト/カットする

といった感じでかなり数字と相対関係を重視しています。

どの楽器をどの順番にミックスしてどのくらいの音量にするのかが全て説明されているため、その手順に全て従って再現することも可能です。

最初のボリュームフェーダーの章だけでもかなり有意義で、今までなんとなくやっていたミックスが、目安を設定して出来るようになるのでミックスのスピードと質がかなり上がるかと思います。

EQとかに関してはもっと細かく、

  • 1500Hzのところを1.5dbほどカットする

みたいなテンションで説明しています笑 EQが苦手な人にとってこういう説明は嬉しいですよね^^

J-ROCK、J-POPを作っている人にとっては最適

主にこの本で扱われているジャンルは主にJ-ROCKやJ-POPです。そのため、場合によってはこの本で説明されていることを全て自分自身の作っている曲に当てはめてミックスすることができます。

これらのジャンルを制作している人にとっては非常に使いやすいと思います。

他ジャンルの音楽を作っている人にはおすすめできる?

一方、僕のようにEDMなど、他のジャンルを制作している人はどうでしょう。

EDMを例にとると、EQなどの説明はむしろ参考にしない方が良いかもしれません笑笑

それもそのはず、この本で題材となっているJ-ROCKと、EDMではミックスの手法が全く異なる場合が多いです。

ただ、少なくともボリュームフェーダーの部分についてはEDMなどの他ジャンルを制作している人にとっても役に立ちます。ボリュームフェーダーはミックスで最も重要な要素で、この本では特に詳しく書かれています。

DTM初心者とかだと「たかがボリュームフェーダー」と思う方もいるかと思います。それも無理はなく、ボリュームフェーダーは1分あれば使い方を理解できるので、初心者でも扱える・プロフェッショナルな感じがしない、という印象を持たれてしまうことは十分にあります。

ただし、ボリュームフェーダーはかなり奥が深く、

 

現場でプロのエンジニアの方にミックスをお願いしたら30分くらいでCDレベルにまで音質が変化してて驚いた。

どんなプラグインを使ったのかとモニター画面を覗いてみたら、EQもコンプも何も刺さっておらず、ボリュームフェーダーしか動かしていなかった....

みたいな恐怖体験もちらほら...繰り返しになりますが、ボリュームフェーダーはミックスの最も重要な要素の一つです。

ミックスに正解はないけれども...

「ミックスに正解はない」とよく言われます。僕もそう思います。もし僕がミキシングのプロだとしたら絶対にこんな本は書けません笑笑

ただ、正解がないからといって、終始抽象的な話で終わらせるのは、ミックスを上達させたい初心者の人が本当に求めていることではないですよね。例え完璧でなくても、今までよりも良いミックスへ移行するための架け橋が必要なのだと思います。そのための具体的な数字がこの本にはたくさん登場してきます。

当然、この本のボリュームフェーダーやEQ、コンプの設定の仕方は具体的すぎるので正解だとは誰も言えません。ジャンルによっても多少変わってきます。
ただし、より良いミックスをするための大事な土台になるので、まずはその土台に立ってから全体を見渡してみましょう。

最後に : ミキシングもマスタリングもゴールはない(多分)

僕は普段からEDMやその周辺のジャンルの曲をよく聴いていますが、2015年と2020年の5年の間ですらミックスの質はかなり変化したと思います。

そんな感じで、ミックスやマスタリングは常に変化していますが、今回紹介した本を読んでミックスの土台を作ると変化にも対応しやすくなるかなと思います。

最後にまとめると、この本の内容を実践することによって、今まではなんとなくミックスをしていたのが、

  • 定量的にミックスの練習を行う(フェーダー、EQ、コンプ)
  • ミックスの土台が一度完成する
  • 試行錯誤をしてミックスの実力を上げていく

というステップで実行できるようになります。ミックスに苦労している方は是非試してみてください^^

>>Kindle Unlimitedの無料体験はこちら

created by Rinker
¥1,980 (2020/09/22 12:23:53時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
おととらべる

おととらべる

現役理系大学生。 Programming : Java, Python 音楽活動名義はRoot Introvertです。 音楽制作でのリリース、プロモーション ByeByeCopyright -> Root Introvert - Between Our Hearts (2019年3月) AirwaveDubstepTV -> SHADOWKEY - Kiss Me(feat. Jellow) (Root Introvert Remix) (2019年10月) NoCopyrightNation(NCN) -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(2020年2月) 7even EDM -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(Promotion) (2020年3月、4月) InspiredByInspired -> Root Introvert - You (2020年2月) AshesToFlame Records -> Root Introvert & Isura - Reminiscent (2020年4月) 一人旅 : タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア

-音楽制作のヒント: ミキシング,マスタリング
-, , , , , ,

© 2020 おととらべる Powered by AFFINGER5