大学生活

読書したいけど何を読めば良いか分からない大学生に向けての本紹介

いつかの調査によると、読書時間が0分の大学生が全体の約半分を占めているそうです。

では、残りの半分の人が自らの意志で読書をしているのかというと、僕は周りを見ててとてもそうとは思えません(泣)。

大学でたまに本を読んでいる人を見かけて「あ、あの人本読んでる!」と思うのですが(笑)、大抵は大学の授業かテストのために「買わされた」本です。

少し悲しいので、今回は大学生に向けての本紹介を行いと思います。

選定の目安としては、

  • あまり本を読んだ事がない人でも敷居が高くない
  • 価値の高い本
  • 次に読みたい本が探しやすい

の3つを意識しました。

読書したいけど何を読めば良いか分からない大学生に向けての本紹介

光文社古典新訳文庫 : 教養爆上がり

まずは光文社古典新訳文庫です。日本と世界の有名・重要な古典を集めた文庫で、

  • 本のデザイン
  • 紙の触り心地
  • 翻訳の読みやすさ

に優れています。以下のような感じで本の表紙が斬新で洗礼されている感があり、翻訳が読みやすいです。

created by Rinker
¥935 (2020/11/25 19:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

光文社古典新訳文庫の中にはKindle Unlimited(Kindle端末なくてもOK)に登録すれば無料で読めるものもあります。古典をまだあまり読んだ事がない人にとってはかなり敷居が低いのでおすすめです!

ドストエフスキー : カラマーゾフの兄弟

created by Rinker
¥770 (2020/11/25 19:29:13時点 Amazon調べ-詳細)

光文社古典新訳文庫で僕が一番おすすめしている本は「カラマーゾフの兄弟」です。ドストエフスキーの最高傑作ですが、日本語では非常に内容が難解です。

僕が新潮文庫で買った時はかなり苦労して読んで結局下巻の途中で挫折した記憶がありますが、光文社の方はかなり読みやすかった印象があります。

村上春樹曰く、

『世の中には二種類の人間がいる。カラマーゾフの兄弟を読破したことのある人と読破したことない人だ。』

 

フィッツジェラルド : グレートギャツビー

created by Rinker
¥715 (2020/11/25 19:29:13時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカ文学も取り扱われています。こちらはカラマーゾフの兄弟に比べればかなり分量としては少なめなのでとっつきやすいと思います。

概要と時代背景に関してはオリラジの中田さんがYouTubeで解説していますね^^ß

アメリカ文学は文体や設定がヨーロッパ諸国とは少し異なるため好き嫌いは分かれると思いますが、一度は読んでおきたいですね!

Kindle Unlimited

光文社古典新訳文庫の一部はKindle Unlimited(Kindle端末なくてもOK)で読む事が出来ます。古典に少し抵抗を感じるなら、まずはKindle Unlimitedの30日無料体験中に何か一冊読んでみると良いでしょう^^

新潮文庫 - S&H : 天才の人生を大量インプット

サイモンシンの「フェルマーの最終定理」という有名な本の翻訳版は新潮文庫のScience & Historyというところから出ています。

created by Rinker
¥782 (2020/11/25 21:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

このScience & Historyではとにかくたくさんの天才達が登場してきます。上記のフェルマーの最終定理に関しても、

  • フェルマー
  • ピタゴラス
  • オイラー
  • ガロア
  • ガウス
  • ソフィージェルマン
  • アンドリューワイルズ

をはじめとした様々な天才達が登場し、しかもその一人一人の人生にかなり焦点を当てているので、1冊で何十人分もの天才の人生を眺める事が出来ます。爽快です。

「フェルマーの最終定理」の他にも、約1000ページに渡る「ビューティフルマインド」だったり、サイモンシンの別の著書「暗号解読」など、様々あります。

歴史や科学の本はどうしても

  • 難しい
  • つまらない

という印象を持たれがちですが、「フェルマーの最終定理」の本が話題になった事からも、それについては心配ないです^^

最後に : 真に読書をしない人には伝わらない

ネットで情報を探す時は、基本的に自分の興味趣向からあまり離れないため、読書をしない人がこの記事に辿り着くことはほぼないと思います。

それでも、僕の他の記事からここに飛んで来て、少しでも読書に興味を持ってくれたら幸いかなと思います^^

 

  • この記事を書いた人
おととらべる

おととらべる

現役理系大学生。 Programming : Java, Python 音楽活動名義はRoot Introvertです。 音楽制作でのリリース、プロモーション ByeByeCopyright -> Root Introvert - Between Our Hearts (2019年3月) AirwaveDubstepTV -> SHADOWKEY - Kiss Me(feat. Jellow) (Root Introvert Remix) (2019年10月) NoCopyrightNation(NCN) -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(2020年2月) 7even EDM -> Root Introvert - You Don't Wanna Be Lonely(Promotion) (2020年3月、4月) InspiredByInspired -> Root Introvert - You (2020年2月) AshesToFlame Records -> Root Introvert & Isura - Reminiscent (2020年4月) 一人旅 : タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア

-大学生活
-, , , ,

© 2020 おととらべる Powered by AFFINGER5